11/14予約受付中|業界の楽屋トーク しごとのよりあい

NAKA1 EXPOしごとのよりあい

2020.6.28 日

11/14予約受付中|業界の楽屋トーク しごとのよりあい

3人よればなんとやら?
馴染みがないと思っていても、聴き始めたらあら不思議。気づけば興味は深まるばかり。
自分のことに思いを巡らす帰り道。

ひとつの業界、業種、立場をテーマに、テーブルを囲んだ3人が同業でしか語れないフォークな会話を繰り広げます。
街からほどよく離れた博多南だからでしょうか、なんだかゲストの舌もよく回る。
就職にも、キャリアチェンジにも、はたらき方のアプデにも、トークライブのエンタメ要素をそのままに、うってつけの学びになるはずです。

 

◎日時
“メディア編” 7/25(土)17:00〜18:30(16:30〜受付)
“店主編” 11/14(土)12:30〜14:00(NAKA1EXPO内で開催)
1/23(土)17:00〜18:30(16:30〜受付)

◎会場
博多南駅前ビル2Fイベントスペース(席数限定)

◎料金
会場|1,700円(+1drink order)
※Delicatessen 三月の水のデリ弁当付き

◎NAKA1EXPOフリーパス
¥5,000(+1drink order)
※当日開催されるすべての有料イベントにご参加いただけます。
※しごとのよりあい、THE晩メシックにご参加いただく場合は、フードのご用意がございますのでその旨お知らせください。
※NAKA1EXPO当日のスケジュールはこちら→https://cototoba.com/news/naka1expo/

◎お申し込み
会場参加|mail@cototoba.com
※「よりあい参加申込」or「フリーパス申込」とタイトルに明記の上、お名前、参加人数、メールアドレスをお送りください。
※「しごとのよりあい」のデリ弁当、「晩メシック」の晩メシをお召し上がりにならない場合はその旨も申込時にお知らせください。

◎テーマとゲスト
11/14(土)「店主」

Delicatessen 三月の水/菅井淳史さん
福島県福島市出身。大学入学と同時に東京へと上京するも学業を断念し、ライヴハウス廻り、飲食業、コールセンター、システムエンジニア、果ては築地市場で魚の卸売り。大都会を大いに彷徨う。ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
2016年6月、妻と息子と共に、遂に福岡の地に辿り着く。
『お酒が呑めるおそうざい屋さん』をテーマに、沢山の愛すべきお客さまに支えられながら、今日も元気に営業中。


como es/西田陽介さん
福岡市生まれ。DJ、空間選曲家。
90年代初頭からDJとして活動。約2年をかけて50ヵ国以上を渡り歩いた旅で、世界中の音、厳しくも豊かな自然や食、人、アートなどの異文化を吸収。5年の東京活動を経て帰福した今、25年以上をかけた2万枚のレコードを駆使し、変幻自在なミュージカル・ジャーニーへと耳を誘う。今泉にて音楽と様々な文化を伝える「como es」店主。


cafe Ruruq/坂口麻衣子さん
福岡市生まれ。数々のイベントや飲食店で鍛えられた経験を活かし、効率よく、けれどあたたかい現場をつくることとば那珂川のマネージャー。ワークショップユニットnina ninoでは、プロデューサーの目黒実、デザイナーの山下麻里とともに「子どもスコーレ」を設けてアートや学びを楽しむ活動を続けており、その関心は幅広い。cafe Ruruqでは、本をひとつのテーマに据え、訪れた人々それぞれのものの見方、考え方を興味深く交わせる文化的な空間を見越している。

◎「Delicatessen 三月の水」とデリ弁当

 
【NAKA1EXPOでは、コロナウイルスの感染拡大を防ぐための対策を行います】

—–過去回—–
7/25(土)「メディア」

西日本新聞 佐賀総局 デスク 鎌田浩二さん
福岡県嘉麻市出身。1967年生まれ。1993年西日本新聞入社。日田支局、社会部、久留米総局などを経験し、現在は佐賀総局次長。2016~2019年は筑紫支局で那珂川町から那珂川市が誕生する過程を担当。


Glocal K(KBC) ディレクター 平松ミチロウさん
1987年長崎市生まれ。2011年KBC九州朝日放送入社。テレビ制作部に配属され、「アサデス。」「Duomo」等、ディレクターとしてすべての自社制作番組に携わる。その後、ラジオ営業部、地域企画部に配属 。KBC地域共創プロジェクト「ふるさとWish」を担当し、福岡県内60市町村を駆け回る。およそ1年間で800人のご当地のキーマンに出会う。90代の現役手品師 、ハイクオリティすぎる町のプロ モーションビデオを作る高校生など、「うちの町には何もないよ!」といわれた町ほど、面白いことに気づく。2020年5月Glocal Kに出向。フットワークの軽さと何でも面白がる感度を武器に日々、各地域のキーマンと連絡を取りあって情報収集に務めている。
会社情報|「Glocal K」 webサイト


ラジオ番組 プロデューサー 三好剛平さん
1983年福岡生まれ。文化ホリック社会人。多言語放送ラジオ局を経て、現在は企画会社に勤務。これまで福岡市「まちなかアートギャラリー福岡」「はかた伝統工芸館」「ネオシネマップ福岡」ほか、LOVEFM「明治産業presents『our culture, our view』」でプロデューサーを務める。
その他、映画、アート、音楽を中心にカルチャー関連の執筆やトークイベントのMC、企画運営など。
番組情報|「OUR CULTURE OUR VIEW」毎週日曜日10:30〜11:30放送(LOVEFM)

コメントをどうぞ


関連記事

【ミリカローデン那珂川 屋内プールにお邪魔しました②】

2020.11.19 木

【ミリカローデン那珂川 屋内プールにお邪魔しました②】

2020.11.19 木

【11/14(土)NAKA 1 EXPO実施に伴い、館内の一部機能が変更になります】

2020.11.13 金

【11/14(土)NAKA 1 EXPO実施に伴い、館内の一部機能が変更になります】

2020.11.13 金

【ミリカローデン那珂川 屋内プールにお邪魔しました】

2020.11.2 月

【ミリカローデン那珂川 屋内プールにお邪魔しました】

2020.11.2 月

TOP